コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩佐純 いわさじゅん

3件 の用語解説(岩佐純の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩佐純
いわさじゅん

[生]天保6(1835).福井
[没]1912.1.5. 東京
医師。坪井信良に蘭学を学び,佐倉で佐藤尚中から蘭方を,さらに長崎養生所で J.L.C.ポンペと A.ボードゥインに学んだ。明治2 (1869) 年,相良知安とともに新政府の医学取調御用掛に任じられ,ドイツ医学採用のために働く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩佐純 いわさ-じゅん

1836-1912 幕末-明治時代の医師。
天保(てんぽう)7年5月1日生まれ。坪井為春,佐藤尚中に,その後長崎でポンペやボードインにまなぶ。維新後,医学校取調御用掛となり,ドイツ医学導入を主張。明治5年以降天皇の侍医をつとめた。明治45年1月5日死去。77歳。越前(えちぜん)(福井県)出身。字(あざな)は仲成。通称は又玄。号は黙斎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

岩佐純

没年:明治45.1.5(1912)
生年:天保7.5.1(1836.6.14)
明治時代の医学者。近代日本医学の学制を築いた。越前国(福井県)元三上町の医師玄珪の長子。幼名又玄。坪井信良,坪井芳州,佐藤尚 中らに医学を学ぶ。また長崎に遊学しポンペに師事,万延1(1860)年福井藩主の執匙侍医となる。元治1(1864)年再度長崎でボードインより医学の伝習を受ける。明治2(1869)年医学校創立取調御用掛となり,相良知安と共に医学教育制度の範をドイツにとることを力説し,実現する。次いで学校権判事,文部大丞,宮内省大侍医,宮中顧問官に累進。高等官1等になり男爵を授けられる。墓所は東京都品川区天竜寺。<著作>『急性病類集』

(寺畑喜朔)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

岩佐純の関連キーワード常用漢字新常用漢字表日野ルノー PA型PD6(T)型直6下垂体競技場長門(市)フランツ田能村竹田ドゥーフ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone