コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩倉保養所 いわくらほようしょ

世界大百科事典 第2版の解説

いわくらほようしょ【岩倉保養所】

京都洛北の岩倉にあった精神障害者の治療・看護施設。この地の大雲寺の境内にある閼伽井(あかのい)と呼ばれる不増不減の霊泉が,眼疾および精神障害に卓効ありとする伝説があった。とくに1072年(延久4),後三条天皇の第3皇女佳子内親王が〈もののけ〉につかれたとき,天皇が神仏に祈願されたところ神のお告げで,この閼伽井の水を毎日飲ませたところ,たちまち平癒したという。それを伝え聞いた人たちが,精神障害の患者を大雲寺に参籠させ,本尊への祈願と霊泉の飲用をさせることが行われるようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の岩倉保養所の言及

【精神病院】より

…また治療のための入院在院期間も3~6ヵ月を超えない例が増加している。
[日本の精神病院]
 日本では,11世紀末から始まるとされる,京都岩倉村の大雲寺を中心とする患者の共同生活(岩倉保養所)が前身的性格をもっていたが,最も古い精神病院は,安永年間(1772‐81)に越後国鵜ノ森(現,新潟県加茂市鵜ノ森)に永井慈現が創立した鵜ノ森狂疾院であろう。公立の最古のものは1875年,京都南禅寺境内に開院した京都癲狂院である。…

※「岩倉保養所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android