コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩崎通信機 いわさきつうしんき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩崎通信機
いわさきつうしんき

通信機メーカー。 1938年岩崎溝一により東京,渋谷で軍用通信機製造会社として発足。搬送電話機,誘導除去強力電話機,電波警戒機,コンデンサなどを生産。 45年より電話機,ラジオなどに製造品目を絞る。 54年には PBX (構内交換機) ,電気配線工事認可を受ける。現在はボタン電話機を主力にシンクロスコープ,電子複写製版機なども手がけ,海外生産にも進出。売上構成比は,情報通信機器 63%,産業計測機器 24%,電子製版機器 13%。年間売上高 470億 400万円 (連結。うち輸出 13%) ,資本金 60億 2500万円,従業員数 1153名 (1999) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

岩崎通信機

正式社名「岩崎通信機株式会社」。英文社名「IWATSU ELECTRIC CO., LTD.」。電気機器製造業。昭和13年(1938)設立。本社は東京都杉並区久我山。通信機器メーカー。固定電話機・情報通信機器・電子製版機の製造・販売。中小企業向け商品が主力。國學院大學久我山中学校・高等学校は創業者が設立。東京証券取引所第1部上場。証券コード6704。

出典|講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

岩崎通信機の関連キーワード篭野通信

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岩崎通信機の関連情報