コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩湧山 イワワキヤマ

デジタル大辞泉の解説

いわわき‐やま〔いはわき‐〕【岩湧山】

大阪府南部、河内(かわち)長野市南部にある山。標高897メートル。和泉(いずみ)山脈東部に位置し、その主峰。山頂は準平原状の平坦地で、大阪平野大阪湾をのぞむことができる。北斜面中腹に岩湧寺がある。一帯は鳥獣保護区に指定されている。金剛生駒紀泉(いこまきせん)国定公園に属する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩湧山
いわわきやま

大阪府南部、河内長野(かわちながの)市南部の和泉(いずみ)山脈東部の主峰。標高897メートル。和泉砂岩からなる山頂は準平原状の平坦(へいたん)面が残り、眺望に優れ、金剛生駒紀泉(こんごういこまきせん)国定公園に含まれる。北斜面中腹に岩湧寺がある。融通(ゆうづう)念仏宗の名刹(めいさつ)で、老杉に囲まれて本堂、多宝塔などがある。中世葛城修験道(かつらぎしゅげんどう)二十八宿の第15の地で、境内に不動ノ滝、千手ノ滝などの行場がある。また一帯は野鳥の宝庫で、鳥獣保護区に指定されている。[位野木壽一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

岩湧山の関連キーワード河内長野(市)国定公園和泉山脈いずみ和泉