コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大阪平野 おおさかへいや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大阪平野
おおさかへいや

大阪府の大部分兵庫県南東部を占め,大阪湾沿岸に広がる近畿地方最大の平野。面積約 1600km2。北西を六甲,北を北摂,東を生駒,金剛の各山地,南を和泉山脈に囲まれ,西は大阪湾に面する。湾岸の低平な沖積地,上町,交野などのやや高く平坦な台地,千里,枚方,河泉などの起伏に富む丘陵に大別される。平野の一部は,さらに武庫平野,河内平野などに分れる。淀川と旧大和川,猪名川 (下流は神崎川) がつくったデルタ地帯は,古来流路がめまぐるしく変り,洪水も多かった湿地帯。現在では洪水防止と水路開削のため,新淀川や大和川などの人工河川が目立つ。開発は山麓,丘陵,台地が早く,縄文・弥生遺跡や古墳がみられる。高位沖積地はこれに次ぎ,古代施行の条里制の跡がある。低位沖積地の開発は,中世から近世にかけて淀川大和川などの治水対策とともに新田開発として進んだ。明治以降,大阪の商工業の発達に伴い,周辺の近代都市化をすすめ,海岸から淀川の沖積地にかけて阪神工業地帯を形成,さらに丘陵台地に西宮,宝塚などの住宅都市が開発された。現在では総人口約 1000万,大阪大都市圏の基盤を構成している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おおさか‐へいや〔おほさか‐〕【大阪平野】

大阪湾に面し、大阪府から兵庫県南東部にかけて広がる平野。淀川大和川などの下流域。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

大阪平野【おおさかへいや】

大阪府と兵庫県東部に広がり,大阪湾に面する平野。面積約1700km2。摂河泉(せつかせん)平野ともいい,中心部は河内平野ともいう。丘陵地,洪積台地と,淀川,大和川の複合三角州を主とする沖積平野からなる。
→関連項目泉佐野[市]茨木[市]上町台地王寺[町]大阪[府]葛城山(大阪・和歌山)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおさかへいや【大阪平野】

近畿地方のほぼ中央に位置する平野。北は北摂山地,東は生駒山地金剛山地,南は和泉山脈,西は六甲山地大阪湾の間に広がる。大阪府と兵庫県にまたがり,面積は約1600km2。近畿地方の諸平野の中では最も広く,大阪市を中枢とする大都市圏と阪神工業地帯の中心をなす。平野の地形は山地に続く丘陵・台地と,その前面に広がる低地からなる。丘陵・台地は第三紀鮮新世から洪積世にかけて堆積した粘土,砂,礫(れき)で構成される大阪層群の地層でつくられていて,北の千里丘陵,豊中台地,伊丹台地,東の枚方(ひらかた)丘陵,交野(かたの)台地,南の河泉丘陵とそれをとりまく台地,そこから北へ半島状に突出する上町台地などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おおさかへいや【大阪平野】

大阪湾沿岸に広がる平野。大阪府の大部分と兵庫県の南東部にまたがる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔大阪府(兵庫県)〕大阪平野(おおさかへいや)


大阪府と兵庫県南東部に広がる平野。北は北摂(ほくせつ)山地、東は生駒(いこま)・金剛(こんごう)両山地、南は和泉(いずみ)山脈に囲まれ、西は大阪湾に面する。摂河泉(せっかせん)平野とも。淀(よど)川・大和(やまと)川・猪名(いな)川・武庫(むこ)川などの下流三角州と大阪湾岸の海岸平野で形成された低地で、大阪市街地が形成されている上町(うえまち)台地と周辺の豊中(とよなか)台地・交野(かたの)台地からなる。周辺を千里(せんり)丘陵・枚方(ひらかた)丘陵・泉南丘陵が縁取る。古代から開けた先進地で、丘陵・台地の縁辺には古墳、平野部には条里制の遺構が残る。古代の難波(なにわ)、中世の堺(さかい)・兵庫など多くの湊町が立地し、瀬戸内海水運の東の拠点となった。豊臣秀吉(とよとみひでよし)の大坂城築城以降は、日本の農業・商工業の中枢として発展した。現在は大阪市を中心とする大都市圏と阪神(はんしん)工業地帯となっている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大阪平野
おおさかへいや

大阪府から兵庫県東部に広がる平野。北は北摂(ほくせつ)山地、東は生駒(いこま)、金剛(こんごう)山地、南は和泉(いずみ)山脈の各山麓(さんろく)から西の大阪湾に及ぶ面積約1600平方キロメートル。旧国名から摂河泉(せっかせん)平野ともいい、近畿地方第一の平野。
 地形上、第三紀鮮新世から更新世(洪積世)に形成された丘陵、台地と、完新世(沖積世)に現河川のつくった三角州を主とする沖積平野とからなる。おもな丘陵、台地には、北に千里(せんり)丘陵と豊中(とよなか)台地や伊丹(いたみ)台地、北東に枚方(ひらかた)丘陵と交野(かたの)台地、南に広がる河泉(かせん)丘陵と信太山(しのだやま)台地、三国丘(みくにがおか)台地、さらに大阪市内に延びる上町(うえまち)台地などがある。沖積平野には、北に武庫(むこ)川・猪名(いな)川のつくる武庫平野、茨木(いばらき)川・芥(あくた)川などの三島野(みしまの)平野、東に淀(よど)川・大和(やまと)川の河内(かわち)平野、南西に石津(いしづ)川・大津川・男乃里(おのさと)川などの和泉海岸平野が連なる。
 開発は古く、丘陵縁辺には縄文遺跡、台地から高位三角州には弥生(やよい)遺跡や古墳の分布、さらに水田開発のための溜池(ためいけ)や条里制遺構をとどめる。河内平野の北部低地は、近世池沼を干拓した新田開発地である。早くから先進農業地として開け、現在も近郊農業が盛んで、伊丹台地や池田の植木栽培、和泉海岸平野のタマネギ栽培は有名である。
 都市の発達も早く、古代の難波(なにわ)、中世の堺(さかい)、近世にはこのほか尼崎(あまがさき)、高槻(たかつき)、岸和田などの城下町が栄えた。明治以降、大阪の商工業の発展に伴い、周辺の近代都市化をもたらし、工業都市として尼崎、吹田(すいた)、茨木、守口(もりぐち)、東大阪、堺、岸和田など海岸から淀川の沖積地に阪神工業地帯を形成。一方、住宅都市として西宮、宝塚、豊中、枚方、藤井寺などが丘陵、台地に開発をみた。これらの衛星都市を擁して総人口約987万人、大阪都市圏の基盤を構成し、首都圏を形成する関東平野とともに、日本の中枢的役割を果たしている。[位野木壽一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大阪平野の関連キーワード葛城山(大阪・和歌山)百舌鳥・古市古墳群大阪府三島郡島本町奈良県大和高田市大阪府大阪狭山市千里ニュータウン大阪府東大阪市大山崎[町]泉佐野[市]大阪府柏原市東大阪[市]泉大津[市]大阪府茨木市柏原[市]王寺[町]松原[市]八尾[市]大阪[市]島本[町]茨木[市]

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大阪平野の関連情報