岸田理生(読み)きしだ りお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岸田理生 きしだ-りお

1946-2003 昭和後期-平成時代の劇作家。
昭和21年3月10日生まれ。劇団天井桟敷をへて,昭和58年より岸田事務所+楽天団を共同主宰。60年「糸地獄」で岸田国士(くにお)戯曲賞。63年紀伊国屋演劇賞。作品はほかに「終の栖・仮の宿」「宵待草」など。テレビ,映画の脚本も手がけた。平成15年6月28日死去。57歳。長野県出身。中央大卒。本名は林寛美(ひろみ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android