コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

峰入 みねいり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

峰入
みねいり

修験者が奈良県の大峰山に入って修行することをいう。毎年4月から9月までの間で,春,夏,秋の3期に分けて三峰と呼ぶ。当山派 (真言宗系) では,吉野から大峰山に入って熊野に出,一方本山派 (天台宗系) では,熊野から入って吉野に出たが,現在は両派とも吉野から入るコースをとる。大峰山以外にも,羽黒山などの霊山に入ることをも同じく峰入という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

峰入の関連キーワード駆け入り・駆入り・駈け入り聖護院宮覚助法親王胎金両部の峰逆の峰入り順の峰入り東峰(村)柴屋寺庭園山北(町)熊野街道大峰入り熊野古道死と再生十界修行山上ヶ岳神奈川県役行者駆入り聖護院峰入り鳳閣寺

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android