コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

峰入 みねいり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

峰入
みねいり

修験者が奈良県の大峰山に入って修行することをいう。毎年4月から9月までの間で,春,夏,秋の3期に分けて三峰と呼ぶ。当山派 (真言宗系) では,吉野から大峰山に入って熊野に出,一方本山派 (天台宗系) では,熊野から入って吉野に出たが,現在は両派とも吉野から入るコースをとる。大峰山以外にも,羽黒山などの霊山に入ることをも同じく峰入という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

峰入の関連キーワード駆け入り・駆入り・駈け入り聖護院宮覚助法親王胎金両部の峰逆の峰入り順の峰入り柴屋寺庭園山北(町)東峰(村)山上ヶ岳十界修行大峰入り神奈川県熊野街道死と再生熊野古道峰入り修験者鳳閣寺役行者駆入り

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

峰入の関連情報