コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島根の青銅器遺跡地帯 しまねのせいどうきいせきちたい

1件 の用語解説(島根の青銅器遺跡地帯の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

島根の青銅器遺跡地帯

1984、85年に全国総計を上回る358本もの中細型の銅剣(長さ50cm余)、7mの間隔をおいて6個の銅鐸(どうたく)(高さ22〜24cm)、16本の銅矛(長さ68〜84cm)が同じ穴で発見された斐川町の荒神谷(こうじんだに)遺跡と、96年に史上最多の39個の銅鐸(高さ29.5〜49cm)が出土した雲南市の加茂岩倉遺跡は、共に島根県東部の出雲地区にある弥生時代の遺跡で、約3kmの範囲内。青銅器遺跡では格別の存在になった。荒神谷の銅鐸は小型で、紀元前2〜同1世紀、加茂岩倉のものは紀元前2〜紀元1世紀の製造とみられる。2003年1月、荒神谷の北西6kmにある出雲市・青木遺跡で紀元1〜2世紀(弥生後期)の墳墓に副葬された銅鐸の破片が出土。銅鐸祭祀論に波紋を投げかけている。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

島根の青銅器遺跡地帯の関連キーワード大台中華全国総工会所期新記録総計上回る下回る農業従事が主緊急調整地域の指定制度県内の人工妊娠中絶実施率

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone