コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島津久経 しまづ ひさつね

2件 の用語解説(島津久経の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島津久経 しまづ-ひさつね

1225-1284 鎌倉時代の武将。
嘉禄(かろく)元年生まれ。島津忠時の子。島津氏3代。文永2年(1265)薩摩(さつま)守護職をつぐ。建治(けんじ)元年から幕命により筑前(ちくぜん)(福岡県)筥崎(はこざき)で元軍の再襲来にそなえる。弘安(こうあん)の役では,薩摩の御家人をひきいて壱岐(いき)にわたり奮戦した。弘安7年閏(うるう)4月21日筥崎で死去。60歳。初名は久時。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

島津久経

没年:弘安7.閏4.21(1284.6.6)
生年:嘉禄1(1225)
鎌倉中期の薩摩国守護。父・忠時の没後に家督継承。蒙古襲来鎌倉幕府の命を受け鎌倉から鎮西に下向し,筑前国箱崎に陣営を構えここで没した。『蒙古襲来絵詞』にみえる「久親」,また『一遍聖絵』の筑前の館にみえる領主は久経とみられる。時宗を信仰し,鹿児島浄光明寺を建立している。法名は道忍義阿弥陀仏

(福島金治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

島津久経の関連キーワード小山朝長行蓮駒井信盛舜恵善康長二階堂行頼(1)二階堂行頼(2)北条時国村山義信若菜五郎

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone