島物(読み)シマモノ

デジタル大辞泉の解説

しま‐もの【島物】

南方諸島から渡来したもの。特に、天文(1532~1555)以後渡ってきた美術品をいう。茶入れ・茶壺に多い。
出所や素性などが不明なもの。えたいの知れないもの。
「その曲節(ふし)、平家とも舞とも謡とも知れぬ―なり」〈仮・東海道名所記・六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しまもの【島物】

南方の諸島から渡来したもの。特に、桃山時代前後に渡来し、茶器に見立てられた茶入れや茶壺ちやつぼなどをいう。
出所のあやしげなもの。えたいの知れないもの。 「其曲節、平家とも舞とも謡とも知れぬ-なり/仮名草子・東海道名所記」
縞物しまもの」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の島物の言及

【縞】より

…中国では〈しま〉に当たる言葉として〈柳条〉〈条布〉〈間布〉などが用いられ,日本でも中世には〈筋〉〈隔子〉などの名で散見される(《庭訓往来》)。〈しま〉という名称は近世に入って,南蛮船によってもたらされた織物に筋文様の織物が多く,これを称して〈島物〉とか〈島渡り〉といったことに始まると考えられる。事実,間道(かんとう)や唐桟(とうざん)をはじめ,ベンガラ縞,セイラス縞など,近世初頭から江戸時代を通じて珍重された縞物は,いずれも舶載品(島渡り)であり,またこれらが日本における近世の縞,ことに竪縞の発達にきわめて大きな影響を与えたことはいうまでもない。…

※「島物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

島物の関連情報