コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島計富 しま かずとみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島計富 しま-かずとみ

1626-1709 江戸時代前期-中期の神職。
寛永3年10月生まれ。越前(えちぜん)(福井県)敦賀の気比(けひ)神宮の神職の家に生まれる。萩原兼従(かねより),中院通茂(なかのいん-みちしげ)に神道,和歌をまなび,書にすぐれる。元禄(げんろく)のころ二十一代集を書写。晩年,気比神宮大宮司となる。宝永6年5月14日死去。84歳。本姓角鹿。通称は杢十郎。著作に「気比俗談」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

島計富の関連キーワード東山天皇弩爾哈斉ニコラオ今大路道三ニコラオ弩爾哈斉・奴児哈赤ケベード伊達政宗ヌルハチホンタイジ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android