コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島貫兵太夫 しまぬき ひょうだゆう

2件 の用語解説(島貫兵太夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島貫兵太夫 しまぬき-ひょうだゆう

1866-1912 明治時代の牧師。
慶応2年7月9日生まれ。仙台神学校(現東北学院大)在学中から押川方義(まさよし)の影響をうけ,苦学生の世話にあたる。卒業後上京し,神田教会で伝道。明治30年日本力行(りっこう)会を創立し,苦学生の救済につくし,事業を海外移民にまでひろげた。大正元年9月6日死去。47歳。陸奥(むつ)名取郡(宮城県)出身。著作に「力行会とは何ぞや」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

島貫兵太夫

没年:大正2.9.6(1913)
生年:慶応2.7.9(1866.8.18)
牧師,日本力行会創立者。陸奥(青森県)出身。明治17(1884)年,押川方義から受洗。仙台神学校(東北学院大)を経て,日本基督教会の牧師となる。押川が推進した苦学生の世話をすることを継承,発展させ,同33年,日本力行会を創立。苦学生の霊肉共なる救済が伝道であると主張,さらに渡米部を設けて移民事業に着手する。大正3(1914)年には牧師を辞して事業に専念。死去するまでに世話をした会員8500人,在米会員3000人に達した。開化思想とキリスト教を連続させた明治のキリスト者であった。<参考文献>相沢源七『日本力行会の創立者島貫兵太夫伝』

(原誠)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

島貫兵太夫の関連キーワード青森県青森湾陸奥青森力行葛西音弥竹内俊吉中田かつ子堀谷紋助松尾駿淵

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone