コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嵯峨信之 さが のぶゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嵯峨信之 さが-のぶゆき

1902-1997 昭和-平成時代の詩人。
明治35年4月18日生まれ。萩原朔太郎に師事。21歳のとき文芸春秋社にはいり詩作を中断。戦後「詩学」誌を主宰。昭和32年の「愛と死の数え唄」をはじめ,「魂の中の死」などを刊行。61年「土地の名~人間の名」で現代詩花椿賞。平成8年「小詩無辺」で芸術選奨。平成8年「小詩無辺」で芸術選奨。平成9年12月28日死去。95歳。宮崎県出身。高輪中学中退。本名は大草実。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

嵯峨信之の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門[各個指定]芸能部門香港映画黒沢清ホンダ・インターナビASEAN飯島耕一MVRDVスペイン映画灰谷健次郎

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android