嵯峨日記(読み)さがにっき

精選版 日本国語大辞典「嵯峨日記」の解説

さがにっき【嵯峨日記】

江戸前期、松尾芭蕉の日記。一編。宝暦三年(一七五三)刊。元祿四年(一六九一)四月一八日から五月四日の間、京都嵯峨にある向井去来の別荘落柿舎(らくししゃ)に滞在中つづった日記で、芭蕉の日記としては唯一のもの。文学作品としての構想のもとに、落柿舎での生活、感想、門人たちとの交渉などを発句、連句、漢詩などをまじえながら記述する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「嵯峨日記」の解説

さがにっき【嵯峨日記】

俳諧日記。芭蕉著。1巻。1691年(元禄4)成立。同年4月18日より5月4日まで嵯峨にある向井去来落柿舎に滞在した際の日記。芭蕉の発句11,門人の発句14,付合2をも収める。交遊独居描写が主で,旅の日記文学紀行に対し,庵住生活を描いた日記文学を目ざしたものであろう。主題が,庵住独居の楽しみ,また伝統的隠逸思想へつながる喜びを述べることにあったことは,〈客は半日の閑を得れば,あるじは半日の閑をうしなふ〉〈人来たらず,終日閑を得〉など,木下長嘯子(ちようしようし)のことばの引用からもうかがえる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android