コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嶋田青峰 しまだ せいほう

2件 の用語解説(嶋田青峰の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嶋田青峰 しまだ-せいほう

1882-1944 大正-昭和時代前期の俳人。
明治15年3月8日生まれ。41年国民新聞社にはいる。高浜虚子のあとをうけ,昭和3年まで学芸部長。その間「ホトトギス」の編集にあたり,大正11年篠原温亭と俳誌「土上(どじょう)」を創刊。昭和16年新興俳句弾圧事件で検挙された。昭和19年5月31日死去。63歳。三重県出身。東京専門学校(現早大)卒。本名は賢平。句集に「青峰集」など。
【格言など】一舟を窓にしてひたに黙ふかし(「南総漁村断唱」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

嶋田青峰
しまだせいほう
(1882―1944)

俳人。三重県生まれ。本名賢平。早稲田(わせだ)大学英文科を卒業し、国民新聞社に入社、1911年(明治44)から『ホトトギス』の編集を担当し、1922年(大正11)篠原温亭(しのはらおんてい)と俳誌『土上(どじょう)』を創刊し、温亭没後これを主宰した。1934年(昭和9)ころより新興俳句運動に加わって革新的作風に転じ、1941年危険思想に加担する者として警察に検挙され、留置場に拘置中喀血(かっけつ)したため帰宅を許された。『青峰集』(1925)、『子規・紅葉・緑雨』(1935)、『俳句の作り方』(1936)などの著書がある。
 温亭忌われらのホ句も古(ふ)りにけり[村山古郷]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

嶋田青峰の関連キーワード山辺習学鹿熊久安川島立男白神邦二西健根来簡二三国仁兵衛宮本英脩望月重雄若尾謹之助

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone