コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川中島藩 かわなかじまはん

2件 の用語解説(川中島藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川中島藩
かわなかじまはん

江戸時代初期,信濃国 (長野県) 更級郡川中島地方を領有した藩。慶長5 (1600) 年より森忠政が 13万 7500石,同8年より松平忠輝 (家康の6男) が 12万石,元和2 (16) 年より松平 (越前家) 忠昌が 12万石を領し,同5年忠昌の越後 (新潟県) 高田転移後,福島正則が安芸広島改易によりこの地に寛永1 (24) 年まで4万 5000石を領したが,以後消滅した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川中島藩
かわなかじまはん

近世初期、北信濃(きたしなの)4郡を領有した藩の俗称。当時更級(さらしな)、埴科(はにしな)、水内(みのち)、高井4郡を川中島四郡と通称したことから、次の諸領を川中島藩とよぶ文献が存する。1600年(慶長5)入封の森忠政(ただまさ)(4郡一円)、03年入封の松平忠輝(ただてる)(4郡一円、ただし10年越後(えちご)福島城へ移り北信濃の所領減少)、16年(元和2)入封の松平忠昌(ただまさ)(12万石)、18~22年の酒井忠勝(ただかつ)(10万石)。しかし、これらはいずれも松代(まつしろ)(待城、松城)城主なので、正しくは松代藩とよぶべきである。
 なお、1616~23年の岩城貞隆(いわきさだたか)・吉隆(よしたか)父子領1万石を川中島藩とよぶ著作があるが、その所在地が川中島でなく奥信濃であることが解明された現在、この呼称は適切でない。[古川貞雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川中島藩の関連キーワード村上氏内山紙信濃路大岡村一茶記念館大岡〈村〉長野県上田市国分長野県下伊那郡喬木村長野県上水内郡信濃町古海清水内蔵之助

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone