コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川口月村 かわぐち げっそん

1件 の用語解説(川口月村の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川口月村 かわぐち-げっそん

1845-1904 明治時代の日本画家。
弘化(こうか)2年3月生まれ。川口月嶺の長男。父に円山四条派をまなぶ。一時開拓使につとめたが,画業をつぎ,内国勧業博覧会,内国絵画共進会に入賞をかさねた。明治37年10月17日死去。60歳。下野(しもつけ)(栃木県)出身。本名は冝寿(よしひさ)。別号に蜂窠(ほうか)。代表作に「鶴亀奉寿之図」「東北本線沿線風景絵巻」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

川口月村の関連キーワード解析変成作用熱雲東欧演劇後藤三右衛門(2代)スタング(父子)インブリ堀江佐吉外因的内因的清元太兵衛

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone