コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川口月村 かわぐち げっそん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川口月村 かわぐち-げっそん

1845-1904 明治時代の日本画家。
弘化(こうか)2年3月生まれ。川口月嶺の長男。父に円山四条派をまなぶ。一時開拓使につとめたが,画業をつぎ,内国勧業博覧会,内国絵画共進会に入賞をかさねた。明治37年10月17日死去。60歳。下野(しもつけ)(栃木県)出身。本名は冝寿(よしひさ)。別号に蜂窠(ほうか)。代表作に「鶴亀奉寿之図」「東北本線沿線風景絵巻」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

川口月村の関連キーワード明治時代弘化

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android