コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川喜田政明 かわきた まさあき

1件 の用語解説(川喜田政明の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川喜田政明 かわきた-まさあき

1822-1879 幕末-明治時代の本草家,歌人。
文政5年生まれ。家は代々銀札御用達を業とした。山本錫夫(せきふ)に本草学を,鬼島広蔭(きじま-ひろかげ)らに和歌をまなぶ。本草家の岡安定(やすさだ)らと交遊した。明治12年6月22日死去。58歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。通称は久太夫。号は石水など。著作に「植物腊葉帖」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

川喜田政明の関連キーワード柏木如亭斎藤方策レジナイトシンプレクタイト組織真珠岩粗粒玄武岩三雲遺跡ペドロブラガンサ朝藩学一覧

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone