コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川喜田政明 かわきた まさあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川喜田政明 かわきた-まさあき

1822-1879 幕末-明治時代の本草家,歌人。
文政5年生まれ。家は代々銀札御用達を業とした。山本錫夫(せきふ)に本草学を,鬼島広蔭(きじま-ひろかげ)らに和歌をまなぶ。本草家の岡安定(やすさだ)らと交遊した。明治12年6月22日死去。58歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。通称は久太夫。号は石水など。著作に「植物腊葉帖」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

川喜田政明の関連キーワード宇田川榕菴日本の医学史(年表)近・現代アフリカ史(年表)ボアボードランおもなお雇い外国人グラントボードイン治宮ミュラー柏木如亭

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android