コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川島順吉 かわしま じゅんきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川島順吉 かわしま-じゅんきち

1868-1904 明治時代の新聞記者。
慶応4年4月生まれ。川島浪速(なにわ)の弟。日清戦争で義勇兵を志願したがゆるされず,軍夫長として出征。帰国後は岐阜県の永保(えいほ)寺の華山祖芳(はなやま-そほう)に師事した。日露戦争がおこると「信濃(しなの)日報」記者として従軍,明治37年10月12日被弾して死去。37歳。信濃(長野県)出身。号は長夢。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

川島順吉の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android