コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川村多実二 カワムラタミジ

デジタル大辞泉の解説

かわむら‐たみじ〔かはむら‐〕【川村多実二】

[1883~1964]動物学者。岡山の生まれ。京大教授。日本の淡水生物学を創始。著「鳥の歌の科学」「動物生態学」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川村多実二 かわむら-たみじ

1883-1964 大正-昭和時代の動物学者。
明治16年5月4日生まれ。京都帝大付属大津臨湖実験所の創設につくし,大正10年京都帝大教授となる。のち京都市立美大(現京都市立芸大)学長。動物生態学の講義と実習を日本ではじめて開設,陸水生物学の基礎をきずいた。昭和39年12月16日死去。81歳。岡山県出身。東京帝大卒。著作に「日本淡水生物学」「動物生態学」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かわむらたみじ【川村多実二】

1883~1964) 動物学者。岡山県津山の生まれ。京大教授。日本の淡水生物学・湖沼生態学を創始。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

川村多実二の関連キーワードバードウォッチング可児 藤吉清棲 幸保昭和時代川村

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android