コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川村多実二 カワムラタミジ

デジタル大辞泉の解説

かわむら‐たみじ〔かはむら‐〕【川村多実二】

[1883~1964]動物学者。岡山の生まれ。京大教授。日本の淡水生物学を創始。著「鳥の歌の科学」「動物生態学」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川村多実二 かわむら-たみじ

1883-1964 大正-昭和時代の動物学者。
明治16年5月4日生まれ。京都帝大付属大津臨湖実験所の創設につくし,大正10年京都帝大教授となる。のち京都市立美大(現京都市立芸大)学長。動物生態学の講義と実習を日本ではじめて開設,陸水生物学の基礎をきずいた。昭和39年12月16日死去。81歳。岡山県出身。東京帝大卒。著作に「日本淡水生物学」「動物生態学」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かわむらたみじ【川村多実二】

1883~1964) 動物学者。岡山県津山の生まれ。京大教授。日本の淡水生物学・湖沼生態学を創始。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

川村多実二の関連キーワード電気事業アルマン条約コンゴ動乱少年犯罪水俣病ウィンチェスタープチャーチンメチニコフヨッフェレフィスゾーン

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone