コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川村驥山 かわむら きざん

3件 の用語解説(川村驥山の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

川村驥山

書家。静岡県生。名は慎一郎、別号に酔仏居士・酔驥等。四才の頃より父に書道・漢学を学び、さらに太田竹城・岡田良一郎らに学ぶ。明治天皇銀婚式典に楷書孝経・草書出師表を暗記して神童と称される。その書は楷書は鐘繇風、草書は狂草を最も得意とした。芸術院会員。昭和44年(1969)歿、88才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川村驥山 かわむら-きざん

1882-1969 大正-昭和時代の書家。
明治15年5月20日生まれ。父東江に,のち太田竹城にまなぶ。戦前は書道作振会,東方書道会などに所属。戦後は日展に出品。昭和23年から同展の審査員をつとめる。鍾繇(しょう-よう)風の楷書や懐素風の草書,狂草に独特のおもむきがあった。26年芸術院賞。37年芸術院会員。昭和44年4月6日死去。86歳。静岡県出身。本名は慎一郎。別号に酔仏居士,酔驥。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

かわむらきざん【川村驥山】

1882~1969) 書家。静岡県生まれ。名は慎一郎。鍾繇しようようの楷書や懐素の草書を研究、晩年には狂草を創作した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川村驥山の関連キーワード村上武次郎大池晴嵐香川春蘭謝花雲石菅谷幽峰玉井幸助寺沢寛一三田清白宮川翠雨和田山蘭

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

川村驥山の関連情報