コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酔仙(すいせん)

2件 の用語解説(酔仙(すいせん)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

酔仙(すいせん)

岩手県、酔仙酒造株式会社の製造する日本酒。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

すいせん【酔仙】

岩手の日本酒。酒名は、地元出身の南宗画家・佐藤華岳斎がこの酒を愛し「酔うて仙境に入るがごとし」とたたえ、水仙の花の絵を描いたラベルを贈ったことに由来。大吟醸酒純米吟醸酒、吟醸酒、純米酒、本醸造酒、普通酒がある。平成11~13、18、19年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦、吟ぎんが、かけはしなど。仕込み水北上山地の伏流水。蔵元の「酔仙酒造」は昭和19年(1944)8軒の蔵が企業合同して発足。所在地陸前高田市高田町字大石。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

酔仙(すいせん)の関連キーワード岸浪柳渓望野香渓古九谷南宗粛正正雪烏峯泉加茂栄玉の春万里長

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone