コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酔仙(すいせん)

デジタル大辞泉プラスの解説

酔仙(すいせん)

岩手県、酔仙酒造株式会社の製造する日本酒

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

すいせん【酔仙】

岩手の日本酒。酒名は、地元出身の南宗画家・佐藤華岳斎がこの酒を愛し「酔うて仙境に入るがごとし」とたたえ、水仙の花の絵を描いたラベルを贈ったことに由来。大吟醸酒、純米吟醸酒、吟醸酒、純米酒本醸造酒、普通酒がある。平成11~13、18、19年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦吟ぎんが、かけはしなど。仕込み水は北上山地伏流水。蔵元の「酔仙酒造」は昭和19年(1944)8軒の蔵が企業合同して発足。所在地は陸前高田市高田町字大石。

出典|講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

酔仙(すいせん)の関連キーワード川村 驥山玉手棠洲中村栗園大西仙洲大川椿海雪っこ岩手県

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android