コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川漁 かわりょう

世界大百科事典 第2版の解説

かわりょう【川漁】

川猟とも書く。内水面漁業の一種。大規模に行うことが困難で,かえって古風な漁法を残している。現在,日本各地の河川の沿岸では専業者はほとんどなく,多くは兼業者か遊漁者であるが,近年までポン,オゲ,ミツクリなどと呼ぶ,川漁を行う漂泊生業者がいた。 川漁で用いられる漁法は多岐にわたっている。まず,摑捕(つかみどり)は石の下,岸の虚(うつろ),石垣・岩の穴などに潜む魚を手づかみしたり,水中の石やげんのうでたたいて捕らえたりするものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

川漁の関連キーワード最上小国川ダムの建設計画宮城県牡鹿郡女川町木戸川のサケ漁おさかなポストルンダノルテ州ウラル系諸族千葉県鴨川市鵡川ししゃも関東漁業開発斎藤 利雄鵜飼(漁)鴨川(市)門川[町]鴨川[市]渥美 輝男秋山記行ウデヘ族田中芹坡原田筍斎志津川湾

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

川漁の関連情報