コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川瀬教徳 かわせ のりなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川瀬教徳 かわせ-のりなり

1777-1838 江戸時代後期の武士。
安永6年生まれ。金子孫二郎の父。常陸(ひたち)水戸藩士。郡(こおり)奉行などをつとめ,天保(てんぽう)7年藩主徳川斉昭(なりあき)により勘定奉行にとりたてられる。天保の飢饉に際し,長崎や大坂にいき食糧の確保につとめた。天保9年5月2日死去。62歳。本姓は田丸。初名は直正。通称は七郎衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

川瀬教徳の関連キーワード桜田門外の変/参加者一覧加藤美樹小糸佐七物蕪村志筑忠雄(しづきただお)ズーフ沼波弄山シェリダンハーキマークールトア

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android