コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田丸 たまる

3件 の用語解説(田丸の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

たまる【田丸】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

田丸【たまる】

三重県玉城町の中心部にあり,手丸・玉丸とも記した。かつては伊勢国度会(わたらい)郡のうち。南北朝時代に田丸城(玉丸城)が築かれて要所となり,近世には初瀬(はせ)本街道・熊野街道分岐点の宿場町として栄えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田丸
たまる

三重県中東部、度会(わたらい)郡玉城(たまき)町の中心地区。旧田丸町。1336年(延元1)北畠親房(きたばたけちかふさ)が田丸城を築き南朝の拠点となった。近世は1619年(元和5)に和歌山藩田丸領となり、家老久野氏が城主となって明治維新に至った。また伊勢(いせ)本街道の要地としても栄えた。JR参宮(さんぐう)線田丸駅がある。[伊藤達雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の田丸の言及

【玉城[町]】より

…町域の北半は伊勢平野の南部に当たる沖積低地で,南部には丘陵地が広がる。中心集落の田丸は,南北朝期に南朝の拠点玉丸(たまる)城が築かれてから南伊勢の軍事・交通の要所として発展した。江戸時代は紀州藩田丸領に属し,初瀬(はせ)本街道と熊野街道の分岐点の宿場町としてにぎわった。…

※「田丸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

田丸の関連キーワード初代大眼玉丸三重県三重大学中心街手丸手丸提灯三重県営サンアリーナ三重県総合文化センター 三重県文化会館玉城[町]玉丸城

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

田丸の関連情報