コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川真珠貝 カワシンジュガイ

デジタル大辞泉の解説

かわ‐しんじゅがい〔かはシンジユがひ〕【川真珠貝】

カワシンジュガイ科の二枚貝渓流小石の間に斜めに突き出す。貝殻は横長の卵形で、殻長7センチくらい。殻表は黒褐色、内面は真珠光沢が強く、養殖真珠の母貝に用いる。本州の日本海側と北海道に分布。たちがい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かわしんじゅがい【川真珠貝】

淡水産の二枚貝。貝殻は長楕円形で厚く、殻長10センチメートル 内外。渓流の小石の間に斜めに立つ。真珠養殖の母貝となる。ユーラシア北部・北アメリカ北部に広く分布し、日本では北海道と本州の日本海側にすむ。カワガイ。タチガイ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

川真珠貝 (カワシンジュガイ)

学名:Margaritifera laevis
動物。イシガイ科の二枚貝

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

川真珠貝の関連キーワードタチガイ真珠養殖内外

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android