川真珠貝(読み)カワシンジュガイ

大辞林 第三版の解説

かわしんじゅがい【川真珠貝】

淡水産の二枚貝。貝殻は長楕円形で厚く、殻長10センチメートル 内外。渓流の小石の間に斜めに立つ。真珠養殖の母貝となる。ユーラシア北部・北アメリカ北部に広く分布し、日本では北海道と本州の日本海側にすむ。カワガイ。タチガイ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

川真珠貝 (カワシンジュガイ)

学名:Margaritifera laevis
動物。イシガイ科の二枚貝

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かわ‐しんじゅがい かはシンジュがひ【川真珠貝】

〘名〙 カワシンジュガイ科の淡水二枚貝。北海道および本州の日本海側で、山間の渓流の小石の間に殻を斜めに立ててすむ。殻長約一二センチメートル。長卵形。内面は真珠光沢がある。成長が遅く、一〇〇年ぐらい生きるといわれる。胎生で、(えら)に幼生をもつが、この幼生はサケ科魚類の鰓などに付着したのち川底の生活に入る。北海道では養殖真珠の母貝として使用。かわがい。たちがい。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android