コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨視的分析 きょしてきぶんせき

2件 の用語解説(巨視的分析の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

きょしてきぶんせき【巨視的分析】

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

巨視的分析
きょしてきぶんせき
macro analysis

経済全体をマクロ的に経済循環としてとらえる分析手法。マクロ分析または所得分析ともよばれる。経済を、人間が生きてゆくに必要な財を生産し、分配し、消費し、消費がまた生産を可能にするという循環として考えるとき、第一に必要なのは循環の幅を決めることである。経済学は、これを通常、純生産物(1年間にある国でまったく新しく生み出された財の価値)に求めるが、これは経済全体の所得にほかならず、またこれを統計的に把握できるようにしたのが国民所得であった。かくて循環を分析する経済学の分野は、まず国民所得の生産を扱うが、そこでは産業構造、人口、総就業者数、総資本設備量などを問題とする。次に国民所得の分配では、賃金、利潤などの階級的分配を、その消費ないし支出の面では、総消費、総投資量などを扱う。これらの量はすべて国民経済全体に関するものなので、これによって分析する手法を巨視的分析とよぶのである。K・マルクスの再生産論、J・M・ケインズの経済学体系などがこの好例である。[一杉哲也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone