コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

差矢法 さしやほう spilling; forepoling

2件 の用語解説(差矢法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

差矢法
さしやほう
spilling; forepoling

差切り法ともいう。崩壊性の土砂や岩石のなかに坑道を掘削したり,旧坑の取明けや切羽の崩落個所のばれ込防止や修復などを行う場合に用いられる特殊の支保法。差矢 (または単に矢) と呼ばれる先端をそいだ丸太,半割材,板材などを支柱の梁の上や脚の側方に打込み,天井,側壁の崩壊を防止しながら掘削を行う。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さしやほう【差矢法 spiling】

鉱山や建設現場で用いられる坑道支保技術の一つ。脆弱(ぜいじやく)で崩れやすい地盤を掘削する場合に,支保枠を施した安全な区域から,これから掘削する部分の地盤へ矢板または矢木(板状または柱状で先端をとがらせた坑木。鋼製のものもある)を打ち込んでおいて,その中を掘り進む。矢板は手前の支保枠によって支えられているので,矢板の囲いの中で安全に作業ができる。立坑の開削などでも用いられることがある。【山口 梅太郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

差矢法の関連キーワードローダー通洞廃坑廃鉱二十本坑ブルーシート次世代技術レベル坑道

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone