コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

差質 さじち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

差質
さじち

無占有,すなわち今日の抵当に相当する中世法上の用語。見質とも称された。債務者が,目的物を特定するだけであるところからこの名が生じ,債権者質物を見るだけであるところから,見質の名が生じたといわれている。近世法においては,この系統の質は,一般に書入 (かきいれ) と称せられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の差質の言及

【質】より

…すなわち,借主が負債を返還するまで貸主が質地からの収益を獲得するものと,貸主が元利相当分の収益を獲得した上で借主に返還するものである。後者はいわゆる抵当で,差質ともいう。質地の占有は契約後も借主がこれを保留する。…

※「差質」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

差質の関連キーワード質(しち)

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android