コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

書入 かきいれ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

書入
かきいれ

借用証文のなかに目的物品など抵当物を記載することによってなされた貸借契約方法。鎌倉時代以降,江戸時代を通じて行われ,書入には,動産,不動産,さらには人までが対象となった。債権者の権利は物権ではなく,書入金に関する訴えは普通の借金の訴えと同一に取扱われた。ただ二重書入は禁止されていたので,その範囲で債権者は保護されていたといえる。明治以降,民法の施行されるまで存続。 (→ )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

書入
かきいれ

近世、とくに江戸時代において金子(きんす)を借用するに際して、借金証文のなかに、債務者がその所有する動産・不動産を記載すること。当該物件の占有が移転することのない点で質(しち)とは異なる。不動産の書入は江戸時代にはしばしば行われたが、債権者のために物権的効力を生じないから、債務不履行のために裁判沙汰(ざた)になった場合でも、債権者は無担保の貸金以上になんらの保護を与えられなかった。しかし、二重書入(ある人に書入をした家屋・土地などをさらに他人に書入をすること)は禁止、処罰された。裁判上は債権者に対し特別の保護が与えられなかったが、特約をすることが行われた。普通のものは貸主と借主との間で書入の効果につき、債務不履行の場合は書入の不動産を債権者に引き渡す旨の特約であったが、そのほか各種の特約もあった。[石井良助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の書入の言及

【地所質入書入規則】より

…この法令は,1872年田畑売買解禁の布告および地券交付によりすべての土地に私的土地所有権が付与されたのにともなって制定された。おもな内容として,(1)土地金融を質入(占有担保形態)と書入(非占有担保形態)に区分し,前者の場合には地券を金主に渡すことを義務づけ,(2)年季は3年以内に限定し,(3)書入では,土地に担保余力があれば,さらに2番,3番の書入を認め,(4)規則公布時に存在する質入・書入は,すべて規則に準じて73年7月までに改約する(のちに,前約の期間を据え置くことに改正)こととしていた。この規則の書入についての規定は,73年8月23日の太政官布告〈動産不動産書入金穀貸借規則〉で補強され,これにともない質入書入規則も,74年5月に一部改正された。…

※「書入」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

書入の関連キーワードOS X Yosemite地所質入書入規則アイスフェルトロッキード事件二条河原落書シュミット質(しち)大田垣蓮月マリエット大嘗会屏風魏氏楽譜言語地図小塩 力正宗直胤ネストレ木瀬三之註釈学派石井 進石井良助尊円親王

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android