コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

己が罪

デジタル大辞泉プラスの解説

己が罪

1926年公開の日本映画。監督:溝口健二、原作:菊池幽芳による同名小説、脚色:畑本欽一、撮影:松沢又男。出演:砂田駒子、高木永二、南光明、市川春衛ほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おのがつみ【己が罪】

菊池幽芳の長編小説。1899‐1900年(明治32‐33)《大阪毎日新聞》に連載。単行本は1900年に前編,01年に中・後編を春陽堂より刊行。大阪天下茶屋の豪農の娘・箕輪環が女主人公。環は上京して女学校に在学中,医学生に欺かれて同棲,のち投身自殺をはかるが,危うく助かり,玉太郎を生む。玉太郎は房州のある漁家に里子に出し,環は親もとに帰った。のち,子爵桜戸隆弘と結婚,一子正弘を生んだ。正弘が房州に保養に来ていたおり,漁師の少年とともに溺死し,その少年が玉太郎であったことを知った環は一切を夫に告白,夫婦間は危機に陥った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

己が罪の関連キーワード末広亭 辰丸(2代目)末広亭辰丸(2代)立花 貞二郎藤沢 浅二郎中野 信近河合 武雄菊池 幽芳島津保次郎川田 芳子坂田 耕雪藤沢浅二郎花房 柳外瀬川 銀潮阪田耕雪小堀 誠高田実新派己が

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android