コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家庭小説 かていしょうせつ

6件 の用語解説(家庭小説の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

家庭小説
かていしょうせつ

主として家庭の婦人読者を対象にした,道徳的に健全な通俗小説光明小説,健全小説ともいわれる。日清戦争後の明治 30年代 (1897~1906) に深刻小説に対立するものとして成立し,多くは新聞小説の形で発表された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かてい‐しょうせつ〔‐セウセツ〕【家庭小説】

家庭内部の種々な出来事を題材とする小説。
家庭内のだれでもが読めるような健全で通俗的な小説。徳富蘆花不如帰(ほととぎす)」をはじめ明治30年代に流行。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

家庭小説【かていしょうせつ】

文芸用語。日清戦争前後に流行した陰惨な深刻小説,観念小説に対する一種の反動として現れた。常識的倫理観に立ち,家庭道徳と調和した健康な読物で,家庭内の愛情や道徳の問題を描いて一般に迎えられた。
→関連項目佐藤紅緑新聞小説大衆文学柳川春葉

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かていしょうせつ【家庭小説】

文芸用語。1900年(明治33)前後に流行した通俗小説の一種で,おもに家庭婦人を読者の対象として書かれた長編の現代小説をいう。平易な文章で,比較的に筋も単純で人物も類型的だが,健全な家庭,社会の道徳をむねとした作風であり,女性読者の好尚を反映した当代風俗小説の一面もあった。必ずしもハッピーエンドを心がけてはいないが,ときに明るい解決を目ざしたものもあり,〈光明小説〉と呼ばれた(中村春雨の《無花果(いちじく)》(1901)など)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かていしょうせつ【家庭小説】

家庭に題材を求めた小説。
明治30年代、主に家庭婦人を読者として流行した通俗小説。健全な家庭道徳に基づく愛や封建的な家における女性の苦悩を描いた。徳富蘆花の「不如帰ほととぎす」、菊池幽芳の「己が罪」など。光明小説。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

家庭小説
かていしょうせつ

文芸用語。日本の文学史上で明治30年代に悲惨小説、観念小説の反動として出てきた家庭生活を素材にした小説をいう。一名、光明小説ともいい、封建的な家庭関係の矛盾に苦しむ女性を主人公とし、彼女がキリスト教や儒教の教え、または純粋な愛情によって問題の解決を得るというのがパターンになっている。それだけに、そこには家庭内の矛盾はいちおう描き出されるが、それを暴き、徹底的に対決究明する姿勢に乏しく、安易な結末、常識的・通俗的解決に終わってしまうものが多かった。代表的作品に徳冨蘆花(とくとみろか)の『不如帰(ほととぎす)』(1898~99)、菊池幽芳(ゆうほう)の『己(おの)が罪』(1899~1900)、中村春雨(しゅんう)の『無果花(いちじく)』(1902)、草村北星(ほくせい)の『浜子』(1902)、田口掬汀(きくてい)の『伯爵夫人』(1905)などがある。[畑 実]
『『明治文学全集93 明治家庭小説集』(1969・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の家庭小説の言及

【女流文学】より

…女流文学という文学上のジャンルがあるわけではないが,抒情的表現にすぐれた才能が示されることが多い一方,強い構成力を要する劇作ではすぐれた女性作家は近年までまれであったといえよう。17~19世紀のフランスにおけるサロン文学や,欧米の家庭小説などは女流文学の成果が結実した例であるが,日本の平安時代のように女流文学が隆盛をきわめた例は類をみない。近代になって女性の社会的地位が向上するに伴い,女性の文学活動も活発になり,今日では多くの国々ですぐれた女流作家が輩出している。…

※「家庭小説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

家庭小説の関連キーワード樽野武雄武井宗祐先光清風参与官前後に暮れる文芸思潮生駒東太榊山潤賜冠富久舞

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

家庭小説の関連情報