コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市毛孝之介 いちげ こうのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市毛孝之介 いちげ-こうのすけ

1847-1865 幕末の武士。
弘化(こうか)4年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。元治(げんじ)元年田丸稲之衛門を首領とする天狗(てんぐ)党の筑波山(つくばさん)挙兵にくわわり,那珂湊(なかみなと)の戦いで敗走。武田耕雲斎にしたがって京都へむかったが,越前(えちぜん)で金沢藩に投降した。元治2年2月16日敦賀(つるが)で斬刑(ざんけい)に処された。19歳。名は忠順。号は北山。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

市毛孝之介の関連キーワード弘化

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android