コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市毛孝之介 いちげ こうのすけ

1件 の用語解説(市毛孝之介の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市毛孝之介 いちげ-こうのすけ

1847-1865 幕末の武士。
弘化(こうか)4年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。元治(げんじ)元年田丸稲之衛門を首領とする天狗(てんぐ)党の筑波山(つくばさん)挙兵にくわわり,那珂湊(なかみなと)の戦いで敗走。武田耕雲斎にしたがって京都へむかったが,越前(えちぜん)で金沢藩に投降した。元治2年2月16日敦賀(つるが)で斬刑(ざんけい)に処された。19歳。名は忠順。号は北山。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

市毛孝之介の関連キーワード笹川繁蔵ローゼン鉱化剤女流文学市川文吉孝明天皇戸田忠恕永井尚志中江兆民野口小蘋

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone