コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

布志名焼 フジナヤキ

デジタル大辞泉の解説

ふじな‐やき【布志名焼】

出雲焼の一。島根県松江市玉湯町布志名に産する陶器。明和元年(1764)船木与治兵衛の創業という。民芸陶として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふじなやき【布志名焼】

島根県松江市玉湯町布志名で産する陶器。寛延(1748~1751)年間、船木与治兵衛の創業という。日用雑器を主とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

布志名焼[陶磁]
ふじなやき

中国地方、島根県の地域ブランド。
松江市で製作されている。江戸時代中期の寛延年間(1748年〜1751年)開窯という。江戸時代には松江藩奨励を受けて発展した。鉛釉を使った黄色の櫛目紋が特徴。昭和期には、民芸運動柳宗悦やバーナード・リーチの指導を受け、民芸として新境地を開拓。ぼてぼて茶碗という大型の茶碗の産地としても知られる。島根県ふるさと伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

布志名焼の関連キーワード島根県松江市玉湯町布志名土屋善四郎(初代)船木与次兵衛玉湯[町]中国地方御代焼玉湯

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android