コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

師範家 シハンケ

デジタル大辞泉の解説

しはん‐け【師範家】

学問や技芸の口伝・秘事を代々受け継いで皇室や幕府の師範となった家。和歌では二条・冷泉(れいぜい)・京極・飛鳥井(あすかい)・三条西蹴鞠(けまり)では飛鳥井・難波・冷泉・綾小路、書では清水谷・持明院(じみょういん)、剣術では柳生(やぎゅう)・小野の各家など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しはんけ【師範家】

昔、学問・技芸上の秘事・口伝を代々伝承して、これを伝授した家柄。和歌の二条・冷泉・京極・飛鳥井・三条西家、蹴鞠けまりの飛鳥井・難波・冷泉・綾小路家、書道では清水谷・持明院家、剣術では柳生・小野家などがあり、宮中や幕府の師範の家であった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

師範家の関連キーワード藤原俊成(ふじわらのしゅんぜい)矢島 せい子綾小路 有良氏家 寿子大浜 英子三島 通庸小笠原流藤原顕輔藩学一覧冷泉為相御子左家稲富流上近豊印西派冷泉家八条流冷泉派二条派二条家和歌所

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

師範家の関連情報