師範家(読み)シハンケ

デジタル大辞泉の解説

しはん‐け【師範家】

学問や技芸の口伝・秘事を代々受け継いで皇室や幕府の師範となった家。和歌では二条・冷泉(れいぜい)・京極・飛鳥井(あすかい)・三条西蹴鞠(けまり)では飛鳥井・難波・冷泉・綾小路、書では清水谷・持明院(じみょういん)、剣術では柳生(やぎゅう)・小野の各家など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しはんけ【師範家】

昔、学問・技芸上の秘事・口伝を代々伝承して、これを伝授した家柄。和歌の二条・冷泉・京極・飛鳥井・三条西家、蹴鞠けまりの飛鳥井・難波・冷泉・綾小路家、書道では清水谷・持明院家、剣術では柳生・小野家などがあり、宮中や幕府の師範の家であった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android