コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

席書(き) セキガキ

デジタル大辞泉の解説

せき‐がき【席書(き)】

集会などの席で、即興的に書画をかくこと。また、その書画。
江戸時代手習い師匠が門弟その他の人を集めて開いた書道の展覧会。せきしょ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の席書(き)の言及

【学芸会】より

…展覧会,文化祭などと呼ぶこともある。古くは,江戸中期からの寺子屋での席書(せきがき),天神講など寺子の清書をはり出して展覧する行事があり,明治前半期の小学校では,就学の効果を示す目的から定期試験ののちに優等生に学習成果を発表させる行事が成立,普及し,やがて近隣の学校が共同して〈教育品展覧会〉を組織する場合があった。その後小学校での試験が廃止され,また就学率の上昇により児童数の増加をみるに至り,学校単位の〈展覧会〉が行われるようになった。…

※「席書(き)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

席書(き)の関連キーワードドブロミル イエッチニーチャールズ ボーレン落合 謙太郎野間 清治落合謙太郎林 権助上野理一野間清治黒田黙耳破毀院学芸会林権助書画

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android