コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常式 ジョウシキ

デジタル大辞泉の解説

じょう‐しき〔ジヤウ‐〕【常式】

きまった方式。常の方式。
平常。ふだん。常時。いつもどおり。現代では東北・北陸地方などで、副詞的に用いる。「明日は常式行く」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうしき【常式】

つねの方式。きまった方式。常法。
通常の儀式。
いつも。ふだん。平時。常時。

つねしき【常式】

ごく普通であること。ありきたりであること。 「 -の君には仕へぬが/毛詩抄 20

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

常式の関連キーワードベネディクツス小畑七郎兵衛荘厳ミサ曲北陸地方キリエミサ曲クレド詩抄常法平時儀式常時方式

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android