常数(読み)ジョウスウ

精選版 日本国語大辞典の解説

じょう‐すう ジャウ‥【常数】

〘名〙
① きまった数量。一定の数。
※和蘭天説(1795)「雪花六出(りくしつ)をなす。〈略〉六(りく)は天の常数(ゼウスウ)なり」 〔儀礼‐聘礼〕
② きまった運命。自然に定まっている運命。また、規定。
※東京日日新聞‐明治一四年(1881)一一月一四日「避くべからざる常数なり」 〔荀子‐天論〕
③ 数学や理化学などで、特定の数値の代わりに使われる文字や数値をいう。また、一つの考察を行なっている間、常に一定の値をとるものと規約される文字。定数(ていすう)。恒数。〔物理学術語和英仏独対訳字書(1888)〕
④ 数学で、常に一定の値をとる関数をいう。定数値関数。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android