コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常清滝 ジョウセイダキ

デジタル大辞泉の解説

じょうせい‐だき〔ジヤウセイ‐〕【常清滝】

広島県北部、三次(みよし)市作木(さくぎ)町にある滝。江(ごう)川の支流作木川の支流の断崖にかかり、高さ126メートルの名瀑(めいばく)。滝は3段からなり、上から下に荒波の滝(36メートル)、白糸の滝(69メートル)、玉水の滝(21メートル)と名付けられている。落差の割に滝壺がほとんど発達していない。都道府県自然環境保全地域に指定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔広島県〕常清滝(じょうせいだき)


広島県三次(みよし)市北西部、江(ごう)の川支流作木(さくぎ)川の途中から南に分かれた谷にかかる滝。落差126m。流紋岩岩壁を3段に分かれて落下する。「日本の滝百選」に選定。県の名勝に指定され、新緑・紅葉探勝など四季を通じて行楽客でにぎわう。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

常清滝の関連キーワード広島県三次市作木町下作木作木[村]

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android