コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉水 タマミズ

5件 の用語解説(玉水の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たま‐みず〔‐みづ〕【玉水】


清らかな水、また、滝。
雨だれなどの水滴の美称。
「軒の―の音も楽しい」〈藤村千曲川のスケッチ
「雨やまぬ軒の―数知らず」〈後撰・恋一〉
京都府綴喜(つづき)郡井手町にあった、井手の玉川。[歌枕]
「いかにせむうさのつかひは許されず恋しき人はいでの―」〈実方集〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

たまみず【玉水】

福岡の日本酒。酒名は、きれいな印象の酒を造りたいという思いから命名。主力の普通酒のほか、大吟醸酒がある。仕込み水は飯江(はえ)川の伏流水。蔵元の「玉水酒造」は明治11年(1878)創業。所在地みやま市高田町舞鶴。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たまみず【玉水】

中世の小説。別名《紅葉合(もみじあわせ)》。著者,成立年未詳。花園に遊ぶ姫君の姿をひと目見て恋に落ちた狐は,身を人間の女子に変えて,その姫に仕えるようになり,名を〈玉水の前〉と付けられる。玉水には,犬を嫌うなど奇妙な振舞いもみられたが,かなわぬ恋を忍びつつも,姫に親しく仕えていた。ある年,紅葉の美しさを競う紅葉合が開かれるにあたり,玉水は兄弟の狐にすばらしい紅葉をみつけてもらい,姫を勝利に導くが,その評判がかえって帝の知るところとなり,姫の入内が決まる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たまみず【玉水】

玉のように美しく清らかな水。 「げにや-の、水上澄めるみ代ぞとて/謡曲・養老」
雨だれ。雫。 「軒のたるひの下の-/好忠集」

たまみず【玉水】

山城国井手にあった井手の玉川。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

玉水の関連キーワード青紅葉柿紅葉草紅葉桜紅葉蔦紅葉紅葉貝紅葉鳥紅葉見下紅葉黄櫨紅葉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

玉水の関連情報