コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定法 ジョウホウ

デジタル大辞泉の解説

じょう‐ほう〔ヂヤウハフ〕【定法】

こういう場合にはこうするものと、決まっているやり方。また、公に決まっている規則。「事を定法どおりに進める」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうほう【定法】

きまっている規則。きまった法式。 「 -どおりの式次第」
いつものやりかた。しきたり。 「長屋のものが娵よめをとると、長屋中の者が来て、其の娵の尻をさすつて見るが-/滑稽本・膝栗毛 発端

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

定法の関連キーワードウィンクラー(Clemens Alexander Winkler)S.P.L. セーレンセンエチレンジアミン四酢酸ライヘルトグスタフ エクマンクロム酸カリウムヘマトクリット畜産振興事業団酸化還元滴定キレート滴定ファヤンス永田 法順高周波滴定宗宮 尚行電位差滴定ヨウ素滴定電導度滴定腹切り刀沢村 康電気分析

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android