コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

干禄字書 かんろくじしょGan-lu zi-shu; Kan-lu tzǔ-shu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

干禄字書
かんろくじしょ
Gan-lu zi-shu; Kan-lu tzǔ-shu

中国,唐の顔元孫 (がんげんそん) 著。1巻。顔真卿 (しんけい) が大暦9 (774) 年石刻。宝祐5 (1257) 年刊。漢字の異体字を抄録した顔師古 (しこ) の『顔氏字様 (がんしじよう) 』を整理,増補したもの。六朝時代に漢字の字体が乱れたことを問題にし,字体の標準を定めることを目指している。『唐韻』の韻目に従って問題の漢字を異体字とともに配列し,そのおのおのに正体・通体・俗体の注記を付している。書名は「 (ロク) を干 (モト) む」,すなわち官吏登用試験のための正しい漢字を示す意。日本における異体字の研究にとっても重要な文献となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かんろくじしょ【干禄字書】

中国の字書。1冊。初唐の顔元孫の著。干禄とは禄を干(もと)める意で、官吏登用試験受験者のために作った実用的字体字書。約八百字を四声によって分類し、字ごとに正・通・俗の三体をあげる。顔真卿(がんしんけい)正書して碑に刻した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんろくじしょ【干禄字書】

〔官吏登用試験のための字書の意〕
中国の字書。一巻。唐の顔元孫編。漢字八百余字を四声二〇六韻に分けて配列し、その楷書の文字ごとに正字・俗字・通用字の区別を明らかにしてある。後世、字体を論ずる際の基本文献とされる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

干禄字書の関連キーワード白川静一巻用字俗字楷書正字

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android