コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

干禄字書 かんろくじしょGan-lu zi-shu; Kan-lu tzǔ-shu

3件 の用語解説(干禄字書の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

干禄字書
かんろくじしょ
Gan-lu zi-shu; Kan-lu tzǔ-shu

中国,唐の顔元孫 (がんげんそん) 著。1巻。顔真卿 (しんけい) が大暦9 (774) 年石刻。宝祐5 (1257) 年刊。漢字の異体字を抄録した顔師古 (しこ) の『顔氏字様 (がんしじよう) 』を整理,増補したもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かんろくじしょ【干禄字書】

中国の字書。1冊。初唐の顔元孫の著。干禄とは禄を干(もと)める意で、官吏登用試験受験者のために作った実用的字体字書。約八百字を四声によって分類し、字ごとに正・通・俗の三体をあげる。顔真卿(がんしんけい)が正書して碑に刻した。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんろくじしょ【干禄字書】

〔官吏登用試験のための字書の意〕
中国の字書。一巻。唐の顔元孫編。漢字八百余字を四声二〇六韻に分けて配列し、その楷書の文字ごとに正字・俗字・通用字の区別を明らかにしてある。後世、字体を論ずる際の基本文献とされる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone