コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平作り/平造り ヒラヅクリ

デジタル大辞泉の解説

ひら‐づくり【平作り/平造り】

耕地を平らにならし、畝(うね)を作らないで、作物を栽培すること。
日本刀の造り込みの一。鎬(しのぎ)横手がなく、から刃先までが平らなもの。
刺身の作り方の一。魚肉のさく包丁を直角にあてて引き切ること。柔らかい魚は厚めに、身のかたい魚は薄めに切る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひらづくり【平作り】

うねを作らず、平らな耕地に、作物を栽培する方法。 → 畝作り
刀剣の刃の形の一。鎬しのぎがなく、棟より刃に至る地部がほぼ平らなもの。短刀・小脇差に多い。
刺身の作り方の一。包丁を刺身のさくに直角に当てて小口から引き切りにする方法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

平作り/平造りの関連キーワード重ね作り/重ね造り平作り/平造り一文字切り岡清兵衛小脇差作り方しのぎ日本刀刺身うね魚肉作り刀剣耕地短刀