コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畝/畦 ウネ

デジタル大辞泉の解説

うね【畝/×畦】

作物を植えつけたり種をまいたりするため、畑の土を幾筋も平行に盛り上げた所。
高い所と低い所が1のように平行して連なった物や形。波や地形・織物などにいう。「―のある生地

せ【畝】

尺貫法の土地の面積の単位。1反(たん)の10分の1。30歩(ぶ)。1畝は99.174平方メートル。約1アール

ほ【畝】

中国の田地面積の単位。周代に6尺四方を1歩(ぶ)、100歩を1畝とし、秦以後は240歩を1畝とした。日本の畝(せ)とは別。

ほ【畝】[漢字項目]

常用漢字] [音]ホ(慣) [訓]せ うね
〈ホ〉畑のうね。「畎畝(けんぽ)田畝(でんぽ)
〈せ〉田畑の面積の単位。一反の10分の1。「畝歩(せぶ)」
〈うね〉「畝織平畝

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

畝【せ】

尺貫法の面積の単位。1畝=30歩(ぶ)=1/10反(たん)=1/100町≒99.174m2=0.99174a。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うね【畝】

筋まきや筋植えをする植物を作付けるために,圃場(ほじよう)を耕起砕土したのちにまき(作条)をつくるが,その作付けをする場所を畝という。畝には畑面をきって溝と溝の間を高く盛り上げる高畝(通常,畝の高さが地表面から15cm以上にもなる),畑面とほとんど高さを同じくする平畝,およびこの中間の畝がある。高畝の形状はいろいろで,丸形,角形,かまぼこ形などで形容できる。幅も数cmから1mをこえる広幅畝もある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せ【畝】

尺貫法における、土地の面積の単位。一段の10分の1。30坪。30歩。約1アール(100平方メートル)。

ほ【畝】

中国で用いられた土地面積の単位。古くは六尺平方の100倍。のちには五尺平方の120倍。尺の大きさが時代とともに変わるので畝も一定しないが、およそ6アール 前後。日本の畝とは別。 → けい

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

単位名がわかる辞典の解説

せ【畝】

土地の面積の単位。30歩(ぶ)を1畝とする。計量法では、約0.991a(アール)に相当する。古代中国から田地用に使われてきたが、日本では16世紀末の太閤(たいこう)検地から使われたとされている。

出典 講談社単位名がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


日本固有の土地面積の単位。1反(たん)(段)の10分の1をいい、30歩(ぶ)(坪)にあたる。律令(りつりょう)の田制にはなく、太閤(たいこう)検地(1591)の検地帳に現れる。日本の畝は単に字を借りたもので、中国では「ホ」または「ボウ」と読み、周代からの土地面積の単位で、100平方歩に始まり、その後240歩に変わる。また斉(せい)(北斉)のとき360歩を畝としたともいわれ、周制を小畝、240歩を中畝、360歩を大畝とよんだという。[小泉袈裟勝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の畝/畦の言及

【段∥反】より

…尺貫法における面積の単位。大宝令以後,地積を表すのに用いられ,1891年制定の度量衡法により,36平方尺(1間四方)を歩(ぶ),30歩を畝として,段は10畝,すなわち300歩と定められた。約992m2であり,10aに近い。…

【度量衡】より

…陳氏のもとの斉の国では容量の単位が五進法に変えられ,また現存する子禾子銅釜,左関銅に見られるように標準量器も作られた。戦国の秦の国では商鞅(しようおう)の変法が実施され,畝積制を含む土地改革がなされるとともに,〈斗桶,権衡,丈尺〉の度量衡を標準化する法が実施され,前344年には標準量器の商鞅銅方升が作られ,秦の始皇帝による中国全土の度量衡統一の基礎となった。前221年始皇帝はみずからの詔を刻ませた標準となるべき分銅(銅権,鉄石権)と枡(銅方升)を作り,同時に尺度や車軌も統一させた。…

※「畝/畦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

畝/畦の関連キーワード精巧なフルートキャストビニールトンネル栽培ファロー・キャストコーデュロイコードレーン畦織り・畦織根っ木打ちオットマン占田・課田等高線栽培リブ編みストーブ反取検見ティブ族木綿検見畝目返しウエール永田春水根取検見経畝織

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android