平原遺跡(読み)ひらばるいせき

大辞林 第三版の解説

ひらばるいせき【平原遺跡】

福岡県前原市平原にある弥生中期~古墳前期の墳墓遺跡。方形周溝墓の木棺から銅鏡・環頭大刀・勾玉が出土し、伊都国の王墓とされる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

平原遺跡

1965年、ミカンの植栽中に発見。一辺10メートルを超える方形周溝墓。直径46・5センチの国内最大の内行花文鏡5面や方格規矩(きく)鏡など合計40面、ガラス勾玉(まがたま)、メノウの管玉素環頭大刀などが副葬されていた。いずれも国宝。割り竹形木棺に収められたのは女性ともいわれ、天照大神(オオヒルメノムチ)、卑弥呼やその母、姉などの見方がある。

(2015-03-10 朝日新聞 朝刊 福岡全県・2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

平原遺跡【ひらばるいせき】

福岡県前原市(現・糸島市)にある弥生(やよい)時代の方形周溝墓。1965年に発掘。18m×14mの浅い方形周溝墓の中に割竹形木棺があり,漢式鏡30数面と径約46cmに及ぶ大型のものを含む【ぼう】製(ぼうせい)鏡5面のほか,素環頭大刀,大量の玉類など豪華な副葬品が出土。《魏志倭人伝》所載の伊都国の王の墓とする説がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひらばる‐いせき ‥ヰセキ【平原遺跡】

福岡県前原市平原にある彌生後期を中心とする墳墓遺跡。その一つの方形周溝墓は伊都国王墓と推定され、銅鏡、環頭大刀や勾玉(まがたま)、管玉(くだたま)などの装身具が発掘された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平原遺跡の関連情報