コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平原遺跡 ひらばるいせき

4件 の用語解説(平原遺跡の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ひらばるいせき【平原遺跡】

福岡県前原市平原にある弥生中期~古墳前期の墳墓遺跡。方形周溝墓の木棺から銅鏡・環頭大刀・勾玉が出土し、伊都国の王墓とされる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

平原遺跡

1965年、ミカンの植栽中に発見。一辺10メートルを超える方形周溝墓。直径46・5センチの国内最大の内行花文鏡5面や方格規矩(きく)鏡など合計40面、ガラス勾玉(まがたま)、メノウの管玉、素環頭大刀などが副葬されていた。いずれも国宝。割り竹形木棺に収められたのは女性ともいわれ、天照大神オオヒルメノムチ)、卑弥呼やその母、姉などの見方がある。

(2015-03-10 朝日新聞 朝刊 福岡全県・2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

百科事典マイペディアの解説

平原遺跡【ひらばるいせき】

福岡県前原市(現・糸島市)にある弥生(やよい)時代の方形周溝墓。1965年に発掘。18m×14mの浅い方形周溝墓の中に割竹形木棺があり,漢式鏡30数面と径約46cmに及ぶ大型のものを含む【ぼう】製(ぼうせい)鏡5面のほか,素環頭大刀,大量の玉類など豪華な副葬品が出土。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

平原遺跡の関連情報