コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平尾魯仙 ひらお ろせん

2件 の用語解説(平尾魯仙の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平尾魯仙 ひらお-ろせん

1808-1880 江戸後期-明治時代の画家,国学者。
文化5年3月3日生まれ。毛内雲林(もうない-うんりん)らにまなび,郷土の風物画をのこした。また平田銕胤(かねたね)門下となり,国学も研究。明治13年2月17日死去。73歳。陸奥(むつ)弘前(青森県)出身。名は亮致。通称は八三郎。別号に魯僊,芦川。著作に「幽府新論」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

平尾魯仙

没年:明治13.2.17(1880)
生年:文化5.3.3(1808.3.29)
幕末明治期の画家。通称は初三郎,名は亮致,別号に宏斎,雄山,芦川(俳号)などがある。陸奥弘前(青森県)の魚商の家に生まれ,画を工藤五鳳,毛内雲林,今村渓寿に,俳諧を内海草坡に,国学を平田銕胤に学ぶ。郷土の風物に題材を得た絵画作品にすぐれたものが多い。極貧のため炭が買えず,手を冷水に浸して熱の発するを待ち,ようやく筆を持って練習に励んだという。尊皇思想家あるいは俳人としても知られる。寺子屋を経営し,多くの門人を育て,この地の文化に多大の影響を与えた。著書に『幽府新論』『鬼神論』,句集に『笠の蝶』などがある。弘前市新寺町の貞昌寺に葬られた。<参考文献>中村良之進『平尾魯仙翁』,『弘前市史 明治・大正・昭和編』

(河野元昭)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平尾魯仙の関連キーワード鈴木鵝湖鈴木守一福島栄春織田東民丸山大塊伊星双缶小倉雪峰玄心堂遠坂文岱和田菁華

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

平尾魯仙の関連情報