コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平懐 ヘイカイ

デジタル大辞泉の解説

へい‐かい〔‐クワイ〕【平懐】

[名・形動ナリ]《「へいがい」とも》
ふだん思っていること。また、それを述べること。
「姑―の事ならば、詞にあどうがたりの字を取りて書くべしとおぼえず」〈後撰集正義・一八〉
礼儀作法を守らず遠慮のないこと。また、そのさま。
「どなたも船中―御免」〈浄・博多小女郎
歌学で、発想や表現が平凡なこと。また、連句付合(つけあい)のとき、無遠慮に付句をする態度。平懐体(てい)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

へいかい【平懐】

( 名 ・形動ナリ )
〔「へいがい」とも〕
普段の考え・気持ち。また、それを述べること。 「しうとめ-の事ならば、詞にあとうがたりの字をとりて書くべしともおぼえず/後撰集正義」
礼儀を守らないこと。無遠慮なこと。また、そのさま。 「爾汝は-にものを云ふを云ふぞ/四河入海 6
歌学で、着想や表現に趣向をこらしていないこと。平凡なこと。また、そのさま。 「をりをりの音は冬の初めの、など、また-なるさまにや侍らむ/千五百番歌合」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

平懐の関連キーワード千五百番歌合礼儀作法御免船中

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android