コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平俗 ヘイゾク

デジタル大辞泉の解説

へい‐ぞく【平俗】

[名・形動]
ありふれていて俗っぽいこと。また、そのさま。「平俗で何の新しさもない」
表現がくだけてわかりやすいこと。また、そのさま。「平俗言葉で説明する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

へいぞく【平俗】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
平凡でごく普通であること。凡俗。 「 -に流れる」 「 -な暮らし」
文章などがわかりやすいこと。くだけていること。 「 -な文章」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

平俗の関連キーワードひらかな盛衰記ひらがな盛衰記ローブ(衣服)粟田口隆光日本浪曼派ロシア文学ヘレニズム佐渡七太夫朱楽菅江土佐行広藤原光益中川乙由柳亭種彦土佐光信江戸文学田舎蕉門写実主義美濃派麦林調伊勢派

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android