平有盛(読み)たいらの ありもり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平有盛 たいらの-ありもり

?-1185 平安時代後期の武将。
平重盛の4男,母は藤原家成の娘。従四位下,右近衛(うこんえの)少将となる。播磨(はりま)(兵庫県)三草山(みくさやま)や備前(岡山県)藤戸(ふじと)での源平戦いで大将軍をつとめる。元暦(げんりゃく)2年3月24日壇ノ浦の戦いで敗死した。通称は小松少将。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android