コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平沢清人 ひらさわ きよと

2件 の用語解説(平沢清人の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平沢清人 ひらさわ-きよと

1904-1973 昭和時代後期の郷土史研究家。
明治37年5月15日生まれ。昭和25年レッド-パージ小学校の教職を追われる。30年カリエスで歩行不能となるが,故郷長野県伊那(いな)地方の民衆史・産業史,百姓一揆(いっき)の研究に専念した。昭和48年3月29日死去。68歳。青山師範卒。著作に「近世村落構造の研究」「百姓一揆の展開」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平沢清人
ひらさわきよと
(1904―1973)

近代の民間史家。長野県下伊那(しもいな)郡下久堅(しもひさかた)村(飯田(いいだ)市)で生まれる。東京の青山師範学校を卒業、東京の小学校の教師となる。1925年(大正14)帰郷するが、29年(昭和4)退職、翌年共産党に入党、検挙される。歴史への関心を深め、教職に復帰、50年(昭和25)レッド・パージ。歴史編集に従事、その後歩行不能の重病となるが、闘病生活を続けながら文筆生活に徹する。主として中世末から近世・近代の文書により、伊那地方の民衆史・産業史を解明、百姓一揆(いっき)史についてはとくに大きな成果をあげた。それらの史実をもとに児童文学の創作も行い、山村清の名で詩作も行った。著書に『近世南信濃(しなの)農村の研究』『下伊那蚕糸業発達史』『近世入会(いりあい)慣行の成立』『百姓一揆の展開』などがある。[深谷克己]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平沢清人の関連キーワード生駒勘七石井光太郎大内地山郷浩小林幹肴倉弥八笹沢魯羊下村尾山向山雅重保井芳太郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone